- INFORMATION

【あと4日!】千葉日本酒活性化プロジェクト 5蔵ブレンド酒&樽貯蔵でクラウドファンディングに挑戦中!

こんにちは日本酒女子会の神谷知佳です。

突然ですが、千葉日本酒活性化プロジェクト(通称アク千葉)をご存じですか?
「田の恵み、蔵の匠、地の水」をコンセプトに「千産千消」を目指している団体です。

千葉県茂原市で「株式会社 紋七」 代表の林紀子さんが『どうして千葉のお酒なのに千葉県産のお米を使っている蔵が少ないんだろう』『なんで千葉の日本酒って知らない人が多いんだろう。』『千葉の日本酒をきっかけに千葉全体をもっと元気にできる活動はできないのかな?』という思いからスタートしました。


右手女性:林紀子さん

そこで、旧知の仲だった木戸泉酒造の荘司勇人さんに『もっと千産千消のお酒を造る酒蔵さんを増していきたい!』『もっと沢山の方たちに千葉の日本酒や千葉の魅力を知ってもらいたい!』と相談し、その思いに賛同していただいた藤平酒造、東灘醸造の3蔵で2014年にスタートしました。

当初は千葉県の酒造好適米<総の舞(ふさのまい)>からスタートし、2017年にはいすみ市で五百万石を農家さんとともに田植え・稲刈りし、千葉の米作りを体験。2019年から飯沼本家、鍋店の2蔵にもこの取り組みにご賛同いただき、さらに千葉県匝瑳市の『佐藤農園』さんにご協力いただき、このプロジェクトのために『千葉県産山田錦』を作付けしていただき、この山田錦を使用したお酒を造ることができました。佐藤さんはお米作りに大変こだわりと情熱があり、化学肥料、化学合成農薬不使用の安心安全な山田錦を作ってくださいました。

7年目にあたり、コロナ渦で大変な飲食店や酒蔵が多い中、いままで以上に五蔵の個性を活かしつつ、さらなる進化を遂げる【五蔵ブレンド酒】で、これからの新しい日本酒の味わいと千葉の魅力の発信をしていきたいと考えてらっしゃいます。

そもそも日本酒ってブレンドはありなの?と思われると思いますが、昔は<桶売り><桶買い>はありました。時代を経て蔵のこだわりや考え方で廃たれてきましたが、単一では表現できない複雑な味わいに魅力を感じるところはあります。
今回は5蔵のブレンド酒に挑戦ということで、試しに飲ませていただきました。

まずは令和元年の火入れの一つずつ飲ませてもらいました。
それぞれの酒蔵さんの個性、特性がしっかりしていて、面白い!
同じスペックで造られているからこそ、際立ちました。

そのあと、5蔵のすべてをブレンドして再挑戦しましたが、不思議な事に、あれだけ個性が際立っていた日本酒の味わいが、一つに!
口の中で複雑で濃醇な味わいが広がり、今までに経験したことの無い体験でした。

私は各蔵飲み比べと、ブレンドのお酒を頂きましたが、樽の熟成も3種類(白ワイン、赤ワイン、チェリー樽)も準備したクラウドファンディングが開催中!


<千葉日本酒活性化プロジェクト 5蔵の純米酒で造るブレンド&樽貯蔵酒!>

https://camp-fire.jp/projects/view/506234

締め切りまであと少しですので、ぜひご支援ください。


【お問い合わせ】
千葉日本酒活性化プロジェクト 事務局
e-mail:actiba.pjt2015@gmail.com

SHARE