HOME マイ・ニホンシュセラー 白老 若水純米 ひやおろし
日本酒女子がおすすめする9月の1本

白老 若水純米 ひやおろし 愛知県澤田酒造(常滑市)

日本酒女子会メンバーの豊住ひと美です。
お酒はそんなに強い方ではないですが、日本酒女子会に入ってから日本酒にも色々な種類があって、楽しみ方の幅も広がったような気がします。お仕事の後に美味しい料理を食べながらゆっくりと飲むのが癒しの時間。最近は、元々苦手だった熟成酒もスイーツと合わせたりして美味しく嗜めるようになりました。

今回おすすめするお酒は、澤田酒造の「白老(はくろう)」秋のひやおろしです。
愛知県常滑市で創業173年を誇る老舗酒蔵の澤田酒造さんは、昨年、日本酒造りの工程で大切な“米麹”を作る「麹室(こうじむろ)」が全焼するという火災に遭い、存続の危機を迎えました。

火災時の様子(写真提供:澤田酒造)

しかし多くの方々の支援のもと、今年8月に麹室の再建工事が終わり、いよいよ”新生白老”の造りが今期から始まります。

完成した麹室の様子(写真提供:澤田酒造)

このひやおろしは、火災前に仕込みが終わっていたという貴重な商品(9/2より発売開始)。味わいはまろやかで、お米の旨みがしっかり!それでいて雑味が無いので、これは食中酒としていただくのがおすすめ!温めてもきっと美味しいと思います。私は日本酒の中でも酒米に興味があって、まだまだ勉強中ですが、いつもどんな酒米を使って造られているのか気になってしまいます。これは知多半島常滑産の酒米「若水(わかみず)」を使用し、湧き水を使い、伝統製法で造られているそうです。

常滑焼のお猪口。グラスで飲んだ時よりも旨味がしっかりと感じられました。常滑のお酒を常滑の器で味わう!伝統を感じながら~至福の時です。

秋の食材を使った簡単レシピと合わせてみました。「鮭ときのこのバターポン酢ソテー」です。バターで少しこってり目でも白老の後口のキレの良さがあるので、合わせるとしつこくなくて、「うん、引き立て合っていて美味し~い♪」さすが!とうなってしまいます♪

もう一品は、こちらもきのこを食材に使った「きのこと豆腐の和風だしあんかけ」です。あんの味をしっかり目につけて、白老の旨味のボリューム感と合わせてみました。白老をぬる燗にして、仕事後のおうち時間に気持ちもほっこりできました。“さんま”や“きのこ鍋”、“フグの子の粕漬け”とも合うそうなので、良かったら皆さんも合わせて食べてみてください。

私は梅酒も大好きなので、江戸時代から培われた製法で造られたというこちらの「白老梅」もお取り寄せしました!甘さはひかえめで古酒の熟成されたまろやかな味わいもありつつ、すっきり飲めるタイプの梅酒なので、デザートのプリンと合わせても美味しくいただけました。今回私はストレートで楽しみましたが、燗をつけたホット梅酒も肌寒い日におすすめです。

火災のニュースをSNSで知ったときは本当に驚きましたし、同時に私にできる応援は何か無いのかなと、ずっと思っていました。先日、音楽ユニットで一緒に活動している日本酒女子会メンバーで愛知出身の神谷知佳さん、代表の氏家エイミーさんと澤田酒造さんへ行き、6代目社長の澤田薫さんから直接お話をお伺いする機会を頂きました。涙ぐみながらこれまでの様子をお話してくださり、酒蔵完全復活へ向けて日々奮闘する澤田酒造の皆さん、薫さんを応援したいと強く思い、この度「澤田酒造応援プロジェクト」を立ち上げることにしました。

同じ女性として、母として、蔵を守り奮闘する薫さんの醸す「はじまりの酒」を私にできる音楽を通して応援したいです。地元の自然、食文化、伝統を大切に繋いでいく國酒。薫さんの「自分の代で途絶えさせずタスキを繋いでいきたい」というその思いが込められたお酒を、皆さんにも味わって頂きたいです!

9/16(木)より澤田酒造応援プロジェクトがスタート!

「新生白老 はじまりの酒」

昨年11月27日の澤田酒造で起こった麹室の火災からちょうど9ヶ月目の日に、新しい麹室が完成したそうです。日本酒女子会として、澤田酒造6代目蔵元澤田薫さんとこのプロジェクトを応援していく所存でおります。こちらの記事をご覧いただいている皆様にも、何卒この澤田酒造の新しいスタートの追い風になるよう、応援のお心をいただけましたらと存じます。

#澤田酒造応援プロジェクト#新生白老
賛同くださる方は上記ハッシュタグをつけて、
SNSでシェア・拡散などの応援も宜しくお願い致します!

商品情報

白老 若水純米 ひやおろし はくろう わかみずじゅんまい ひやおろし

720ml ¥1,540(税込)1800ml ¥2,915(税込)

精米歩合
65%%
アルコール度数
17度以上18度未満
使用原料
知多半島常滑産若水100%

蔵元情報

名称
澤田酒造株式会社
住所
住所愛知県常滑市古場町4丁目10番地
電話
0569-35-4003
関連リンク
地図

今回の紹介者

豊住ひと美

薬剤師シンガーソングライター。病院薬剤師として働きながら、⽉明かりのように疲れた⼼を癒したい!そんな楽曲を制作、⾳楽活動をしている。代表曲は「⼗六夜」。2018年に3rdアルバム『New World』をリリース。2020年にはシングル「いつも⼀緒にいたいから」をデジタルリリース。毎⽉第3⽔曜⽇23:00 から番組「シリケッツミルコと豊住ひと美のホテル⼗六夜」を、⾃⾝のFacebook では⽉1回「⽉明かりと⽇本酒はいかが」を配信中。利き酒師所属の新感覚⾳楽ユニット「⽇本酒⼥⼦」メンバー。

SHARE