おうち居酒屋のススメ #6

酒盗とクリームチーズのポテトサラダ 〜放課後ポテサラ〜

以前、池袋で開催された『日本酒文化祭』というイベントに、日本酒女子会は給食室担当(笑)として参加させていただいたのですが、その際に「放課後ポテサラ」のネーミングで、アイスクリームに模して提供したポテトサラダのレシピをご紹介します。
“ポテトサラダ”と“酒盗クリームチーズ”という、ふたつの居酒屋鉄板メニューを思い切って掛け合わせてみると…。お酒が進むこと、間違いなし!

酒盗とクリームチーズのポテトサラダ(4人分)

材料

  • じゃがいも…中2個
  • クリームチーズ…大さじ2(40g)
  • マヨネーズ…大さじ1
  • 酒盗…大さじ1弱

作り方

  • 1

    じゃがいもをよく洗って鍋に入れ、たっぷりの水を注いで柔らかくなるまで茹でる(目安は、竹串がすっと通るまで)。

  • 2

    茹で上がったらざるに上げ、熱いうちに皮をむいて、ボウルの中でよくつぶす。

  • 3

    2にマヨネーズを入れて、よく馴染ませたら、クリームチーズと酒盗を2~3回に分けて投入し、ざっくり混ぜる。

じゃがいもが熱いうちに手早く作るのが、美味しさのポイント。クリームチーズは、ポテサラとよーく混ぜても美味しいのですが、個人的には敢えて混ぜムラを作って、「あ!クリームチーズの塊!」というラッキーな部分を作ったほうが、日本酒のアテとしてはおすすめです。

次回のおうち居酒屋のススメもお楽しみに!

レシピ考案者

わたなべさやか

季節の手づくりをたのしむことをテーマにした料理教室「ORIORI」を主宰、伝統発酵醸師。 10年間勤続したアパレル企業では日本各地に出向き、服やモノを通して文化を発信するライフスタイルショップの開発に携わる。2012年に日本料理教室のアシスタントとなり、和食の世界へ。その後日本橋茅場町に日本酒とおばんざいの店を立ち上げ、現在は教室、執筆を通じて発酵食を中心とした日本の食文化を伝える活動に取り組む。

SHARE