HOME サケスポ。 いさりび青物横丁店(東京・青物横丁)
サケスポ。 #5

いさりび青物横丁店(東京・青物横丁)

寒くなってきて、ますます魚が美味しくなるこの時期。美味しい魚を食べると、ついつい日本酒が飲みたくなりますよね(笑)。日本酒と新鮮な魚介類。今回は、この“最強の組み合わせ”をとことん味わうことができる居酒屋さんを紹介します。

訪れたのは、地元の人たちから「あおよこ」の名称で親しまれる東京・青物横丁。江戸時代に農民が野菜(青物)を持ち寄って市場を開いたことから、この地にその名前がついたそう。駅から徒歩3分という立地にある『いさりび青物横丁店』は、もともと地元では有名な大型チェーン店だったそうですが、独立という形で屋号を引き継ぎ、現在の地に2年半前にオープンしました。

所狭しと飾られた日本酒の空き瓶とラベルが特徴的な店内は、どこか懐かしい雰囲気で、とにかくとても落ち着きます。コロナ禍以前は会社帰りの男性客で賑わっていたそうですが、最近は近隣に建てられたたくさんの新築マンションの影響で、ご夫婦や女性の一人客も増えて来ているそうです。

近くにある大田市場から仕入れられた、鮮度が命!という新鮮な魚介類。名物は『本日の大サービス!!』である、黒ソイなどの日替わりのお刺身。なんと98円という安さです!もうひとつは、その日のおすすめが盛りだくさんな看板メニューの『お刺身の盛り合わせ』。人数に合わせて、“おひとりさま盛り・得盛り・漁師盛り”が選べますよ。

得盛りはこのボリュームで1,980円!

豊富に取り揃えられた日本酒ですが、こちらのお店には日本酒のメニューがありません。毎回スポットで仕入れているため、すべて日替わりとなっているのです。スタッフの方に味の好みなどを伝えると、その人に合ったお酒を何本か持ってきてくれるので、その日のラインナップの中から自分好みの銘柄を見つけることができます。しかも試飲もOK!これで注文した後に好みの味ではなかったということもなくなり、安心ですね。

某有名酒店など10店舗から仕入れを行い、常にレアな日本酒がラインナップされている。

そんな日本酒は冷酒だけでなく、熱燗もおすすめ!固形燃料を使って卓上で温めるセットが用意されているので、チロリと酒かん計を見ながら自分に合った温度に調整して、味の変化を楽しめますね。

「落ち着く雰囲気の中で、美味しいお酒と美味しいお刺身を楽しんでください!日本酒通の方もビギナーの方もお越しいただければ、きっと楽しんでいただく自信があります!!」。

日本さかな検定2級の資格を持つ、店長の佐藤大輔さん。(写真右)

鮮度抜群でリーズナブルな居酒屋さん。お客さんにとって、こんなに嬉しいことはありません!季節の地酒と季節の地魚。日本人が感じたい“旬”をいつ来ても感じることができる、青物横丁No.1の専門店。まちがいなしです!

日本酒女子会特典

「日本酒女子会HPを見ました」と伝えると、その日おすすめのお刺身をなんと人数分プレゼント!ご注文の際にスタッフにお伝え下さい。

店舗情報

名称
いさりび青物横丁店
住所
東京都品川区南品川2-7-18 2階
電話
03-6718-4920
営業時間
17:00~23:30
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
定休日
なし
平均予算
¥3,000~¥3,999
アクセス
京急本線青物横丁駅から徒歩3分
座席
32席
個室
貸切
禁煙・喫煙
Ploom techのみ可
駐車場
無(近隣にコインパーキング有)
関連リンク
地図
SHARE